• TOP
  • 診療のコンセプト

診療のコンセプト

歯科治療を始める前に

歯科医療に関しての情報が行きわたっていないことがしばしば話題になります。治療内容だけでなく、どこの歯科医院に行ったらよいのかとか、保険と私費の違いがよくわからないといった疑問が多いということでしょう。
そもそもそれぞれの歯科医院でどのような治療が提供されているのかといったことについても情報は乏しく、診療科目や診療内容に関して、患者様の混乱を招く要素があると言わざるを得ません。
その一方で、歯科医療に対するご要望は幅広くなる傾向を見せています。「歯や歯ぐきが痛い」とか「虫歯や歯がないところがあるために咬めない」という訴えだけでなく、最近では「歯石が気になるのでとって欲しい」とか「しばらく歯科にかかってないのでチェックして欲しい」といった、痛くなる前の受診も増えてきています。健康への関心が高まっていることの現れでしょう。多くの症例が健康保険の範囲内で対応できますが、一方で、保険による治療ではカバーできない症例も少なくありません。といいますのも、保険診療では方法や薬剤、材料が完全に決められているためです。また、予防には保険が適用されません。さらには、例えば、「歯並びが悪いので治して欲しい」とか、「歯を白くして欲しい」「歯の色をした材料で美しく治して欲しい」といったご要望がある場合は、健康保険の範囲を超えてしまうことが多くなってしまいます。
すなわち、「ほとんどの歯科治療は健康保険で済ませることができます」と言える一方で、「患者様のご要望によっては、健康保険でできる範囲は限られています」とも言わなければいけないのです。こうした一見矛盾する要素があるために、歯科治療の内容が非常に解りづらくなることがあるのではないでしょうか。
そこで、私たち河野歯科医院では「まず、患者様の様々なご要望を出発点として、そのご要望を満たす幅広い診療メニューを用意しよう」と考えました。患者様のご要望に対し、幅広く治療方法をご提示できれば、より深い理解と信頼が得られるのではないかと思います。

保険治療と私費治療

「きれいにしたい」とか「白くしたい」などの審美的なご要望がない場合には、当然ですが保険の範囲内での治療をご提案できる場合が多いと考えられます。「保険のきく範囲での治療を受けたい」とのご指摘がなくとも、保険医療機関として、私たちは保険内での治療を第一の選択肢としてご提案いたします。その上で、ご希望があれば、保険の範囲を超える治療についても、可能な限り幅広い選択肢をご提案いたします。保険適用の可否に関わらず、まずご要望をお聞かせいただくことが一番大事なことと考えております。

幅広い診療メニュー

あまり知られていないことですが、現在、歯科の科名で法的に標榜が許されているのは、「(一般)歯科」「小児歯科」「矯正歯科」「歯科口腔外科」の 4つだけです。当院でもこの4科だけを標榜しております。他の「審美歯科」「美容歯科」「インプラント科」などは便宜的な科名であるとお考えいただかなければなりません。しかし、法的に標榜を許される4科だけでは、そこで行われている治療内容は、保険適用の可否なども含めて患者様には「なんとなく」程度にしか解らないというのが実情でしょう。便宜的な科名ではあっても、これがあることによって診療内容がある程度わかりやすくなることも事実です。実際、上記の4つ以外の科目の標榜を許そうという動きが出てきており、実現も間近であると聞いています。当院では、患者様の多様なご要望にお応えできるよう、法的な4つの診療科を超える審美歯科、インプラントなど幅広い診療メニューを用意していますが、念のため、現在許されている4つの歯科標榜科目についてまず簡単にご説明いたします。

歯科 歯が痛い、歯ぐきが腫れている、歯の抜けたところがあってうまく咬めない、などの訴えに対応する分野で、歯科治療の大半がこの科目に属するといってよいでしょう。
小児歯科 乳歯、乳歯列は永久歯、永久歯列とは治療法が異なる場合が多く、特に「小児歯科」という科目が必要であるとの考えから設けられております。
矯正歯科 「歯並びを治したい」など、主に歯列に関する訴えに対応する診療科目です。当科目では、ほとんどの場合、保険外の治療となります。

pagetop

accessへ

患者様の声へ

症例紹介へ

NEWSへ

Q&Aへ

予防医学へ