• TOP
  • 診療のコンセプト

診療のコンセプト

歯科治療を始める前に

歯科医療に関しての情報が患者さんに行きわたっていないことがしばしば話題になります。さらには治療内容だけでなく、どこの歯科医院に行ったらよいのか、あるいは保険診療と自由診療の違いがよくわからないといったことも挙げられます。

もとより、それぞれの歯科医院でどのような治療が提供されているのかといったことについても情報はまちまちであるため、診療科目や診療内容に関して、患者さんの混乱を招く要因になっていると考えられます。

その一方で、歯科医療に対するご要望は高まる傾向にあります。「歯や歯ぐきが痛い」、「虫歯があったり歯が抜けたりしているためにうまくかめない」という症状だけでなく、最近では「歯石が気になるのでとってほしい」、「しばらく歯医者にかかってないのでチェックしてほしい」といった、歯が痛くなる前の受診も増えてきています。これは、健康への関心が高まっていることの表れでしょう。

こういった多くの症例が健康保険の範囲内で対応できますが、一方で、保険による診療ではカバーできない症例も少なくありません。といいますのも、保険診療では法律により、治療方法や薬剤、材料が完全に定められているためです。また、予防には保険が適用されません。さらには、例えば、「歯並びやかみ合わせが悪いのでよくしてほしい」、「歯を白くしてほしい」といったご要望の場合は、健康保険の範囲を超え、自由診療となることが多くなります。

すなわち、「ほとんどの歯科治療は健康保険で済ませることができます」と言える一方で、「患者さんのご要望によっては、健康保険でできる範囲は限られています」とも言わなければいけないのです。こうした一見矛盾する状況があるために、歯科治療の内容が非常にわかりにくくなるのではないでしょうか。

そこで、河野歯科医院では「患者さんのさまざまなご要望を出発点として、そのご要望を満たす幅広い診療メニューを用意しよう」と考えました。そうすれば、患者さんにより深くご理解いただき、歯科医院を選ぶ際の大きなポイントにしていただけるのではないかと思います。

保険診療と自由診療

患者さんから「保険のきく範囲での治療を受けたい」とのご要望がなくとも、当院は保険医療機関として、保険内での診療を第一の選択肢としてご提案いたします。その上で、ご希望があれば、保険の範囲を超える自由診療についても、可能な限り幅広い選択肢をご提案いたします。例えば、「歯をきれいにしたい」、「白くしたい」などの審美歯科に関するご要望の場合は、自由診療の範囲となりますが、保険適用の可否に関わらず、まずは患者さんのご要望をお聞かせいただくことが大事なことと考えております。

幅広い診療メニュー

現在、歯科医院の科目名で法的に公言してよいとされているのは、「(一般)歯科」「小児歯科」「矯正歯科」「歯科口腔外科」の四つだけです。当院でもこの4科目だけを掲げております。しかし、これらの4科目だけでは、その歯科医院で行われている治療内容について、患者さんには「なんとなく」程度にしかわらないというのが実情ではないかと思います。そこで当院では、患者さんの多様なご要望にお応えできるよう、四つの診療科に加え、審美歯科、インプラントなど幅広い診療メニューを用意して、患者さんのニーズによりお応えできるように努めております。

四つの診療科

歯科 いわゆる一般歯科と言われる診療科目です。歯が痛い、歯ぐきが腫れている、歯が抜けたところがあってうまくかめない、などの症状に対応する分野で、歯科治療の大半がこの診療科目で治療を行います。
小児歯科 乳歯や乳歯列は、永久歯や永久歯列とは治療法が異なる場合が多いため、当院では小児歯科の診療に対する経験と技術を持つスタッフがおります。
矯正歯科 「歯並びをよくしたい」など、主に歯列に関するお悩みに対応する診療科目です。当院ではほとんどの場合、自由診療となります。

pagetop

accessへ

患者様の声へ

症例紹介へ

NEWSへ

Q&Aへ

予防医学へ