審美歯科

ホワイトニング

ホワイトニングとは歯の脱色のことです。
加齢や生活習慣、遺伝などが原因で黄ばんだ歯を、薬の力で白く漂白する方法です。歯の色がよくないため、思いっきり口をあけて笑えないといったお悩みを解消します。

BeforeAfter

※ホワイトニングの効果には個人差があります。ホワイトニングを希望される患者さんは事前にご相談ください。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングとは、クリニック(歯科医院)で行うホワイトニングです。過酸化尿素を主体とした薬を歯に塗り、特殊な光を当てることにより、歯の脱色を促進させる方法です。

長所 »
効果が出るのが早い
短所 »
あと戻りしやすい

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは、患者さんにご自宅で行っていただく方法です。患者さんのお口にあったマウストレーを作成し、そこに薬剤をいれて1日数時間、装着していただきます。

長所 »
白さが安定する。自宅で行える
短所 »
効果が出るのにやや時間がかかる

より効果的なホワイトニング

>>PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)

ホワイトニングを行う前に、歯科医師や歯科衛生士によって、歯に着色している色素、ステインや歯石を専用の機械で取り除くことで、ホワイトニング効果をあげるためのメンテナンスのひとつです。歯の表裏全ての部分をクリーニングするPMTCを行うと、なお効果的です。歯の表面の小さなデコボコをツルツルに磨き上げ、汚れや細菌を付きにくくします。
またホワイトニング後の白さを長く保ち、歯周病や虫歯を予防するためにも1~3ヵ月ごとに定期的なPMTCを行うことをおすすめしています。

>>デュアルホワイトニング

最も効果の高いホワイトニング法として、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用する、デュアルホワイトニング方法があります。
まずオフィスホワイトニングを行います。その後にホームホワイトニングを開始します。
オフィスホワイトニングを2回以上行い、その後継続してホームホワイトニングを行うことで、より高い効果が期待できます。
デュアルホワイトニングは、より高い効果を早く出したいという方や、歯の白さを継続したい方におすすめしています。
オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの長所がそれぞれの短所を補うことで、ホワイトニングにかかる期間の短縮や、安定した歯の白さに、高い効果をもたらしてくれます。

pagetop

ラミネートベニア

ラミネートベニアとは、白い歯になることに加え、歯の形や隙間なども整えることができる方法です。
歯の表面(0.5~0.7ミリ、エナメル質の部分)を薄く削り、着け爪のように白いセラミック製のプレートを貼り付ける方法です。2~3回の来院で終了し、とても自然に美しく仕上がります。

ラミネートベニアのメリット

ラミネートベニアは、前歯に隙間がある方、歯の大きさや形の整っていない患者さんにおすすめの方法です。
また、過去に飲んだ抗生物質のお薬(テトラサイクリン)や、フッ素等の影響、および神経を抜いたことによりホワイトニングの効果が期待できない変色歯や、歯の内部まで色素が沈着している歯も、この方法で白くすることができます。

pagetop

セラミックインレー

セラミックインレーとは

セラミックインレーとは、セラミック(陶材)で作った白い詰め物です。虫歯の治療後にかぶせた金属製の詰め物は、口を開けて笑ったときなどに目立ってしまいます。この詰め物を、セラミック製にしますと、天然歯のように白くなりますので、健康的で自然な美しさがよみがえります。

セラミックインレーのメリット

セラミックインレーは従来のように、金属を使わないため、金属アレルギーの患者さんにも治療していただけます。仕上がりが自然で、見た目も美しいセラミックは、金属よりも柔らかいため、かみ合う歯を傷つけにくいといった特徴もあります。

pagetop

カントゥアリング

歯をわずかに削ることにより、歯や歯列のかたちをきれいに見せる技術です。患者さんの中には他人から見ればほとんどわからないような、わずかなかたちの変化を求められることがあり、その場合はカントゥアリングが大きな効果をあげることがあります。日本ではまだあまり知られていませんが、欧米ではコスメティック・カントゥアリングと呼ばれ、一般的な手法のひとつとして行われています。
ただ、以下の項目でご説明するような「歯や歯列のかたちを整える」治療方法すべてを含んで「カントゥアリング」と呼ぶ場合もあり、注意が必要です。当院では、狭い意味での「カントゥアリング」を呼称として採用しております。

BeforeAfter

pagetop

accessへ

患者様の声へ

症例紹介へ

NEWSへ

Q&Aへ

予防医学へ