一般歯科

定期検診/虫歯/歯周病/知覚過敏症/入れ歯

ボンディング

あまり進行していない虫歯や古くなった充填部位を、歯冠色の接着性レジンによって修復する治療方法の総称ですが、歯の状態や方法の違いによってさまざまなものがあります。進行度のごく浅い歯を除去したあとを修復するときなど、簡単な処置ですむ場合には、既に経験された方も多いと思いますが、単にレジン充填などと呼ばれます。また歯を全く削ることなく、修復材料を貼り付け、歯のかたちや色調を調える方法も含まれます。

BeforeAfter

pagetop

歯冠色ポーセレン修復/歯冠色ハイブリッドポーセレン修復

歯冠色ポーセレンおよびハイブリッドポーセレンによるラミネートやクラウンおよびブリッジ等によって、比較的大きな虫歯があったところや歯冠全体の修復を必要とする場合に、歯や歯列の自然な色やかたちを取り戻します。外から良く見える部位の修復や形態修正では欠かせないものとなっています。

BeforeAfter

ポーセレンインレー
ポーセレンアンレー
ポーセレンラミネート
ポーセレンメタルボンドクラウン
フルポーセレンクラウン 等

pagetop

クラウン

セラミッククラウンとは

セラミッククラウンは、短期間で歯並び、色、形を美しくします。
セラミッククラウンとは、一回り小さく削った(約1~1.5ミリほど)歯の上にセラミック製の歯をかぶせることで歯並び、色、形を美しく整える治療法です。
色の変わってしまった歯はもちろんのこと、大きさの不揃いな歯、隙間のあいている歯、歯並びのよくない歯まで対応可能です。歯根部分だけしか残っていないような場合でも対応します。

オールセラミッククラウンとは

オールセラミッククラウンとは、白いセラミック(陶器)でできた被せ物です。
オールセラミックは、従来の治療法のように金属を一切使わないため、光を透過して審美的にとても美しく、硬すぎることもないので咬み合わせの歯を傷つけることもありません。理想の歯並び、色、形の美しさを手に入れられます。
歯と歯肉の境目が黒くなることもなく、ご自身の歯と見分けがつかないほど自然です。
前歯の歯並びから、虫歯治療後の奥歯の銀歯部分にまで被せることができるので、金属アレルギーの原因ともなる金属をお口の中からなくすことも可能です。金属アレルギーの方も安心です。

保険診療とオールセラミッククラウンの比較

  保険診療のクラウン オールセラミッククラウン
材質 パラジウム合金 白いセラミック(陶材)
長所 健康保険が適用されるため自己負担が少ない 審美性が高い
精密で二次的な虫歯になりにくい
金属アレルギーの心配がない
短所 銀歯である
加工しづらい金属のため定期的にやり治す必要がある
金属アレルギーの心配がある
自由診療のため費用がかかる
費用 健康保険が適用される ¥157,500~/本

pagetop

プロフィラックス(R)歯を削らないドリルフリー

「タービン等の回転切削器具によって歯を削る」ということを一切排除するドリルフリーもプロフィラックスのひとつのカテゴリーと考えています。予防歯科は一般にドリルフリーですが、審美歯科のうち、ホワイトニングやトゥースマニュキアなど「削らずにきれいにする」治療法もこれに属すると考えて良いでしょう。
私たちが特に注目しているのは、通常は削ることから始まる症例でもとりあえず削らないことを前提に治療を始められないかということです。
「歯が痛いのだが、あの削られるのがどうしても我慢できない、怖い」という理由で、治療の機会を失った挙句、さらに悪化させてしまうという症例があります。ご相談だけでも、あるいは薬をお渡しするだけでも、最悪の事態を回避できる可能性はあると思います。
「とにかく削られるのが苦手」とおっしゃる方は、「ドリルフリーで」とお申し出ください。

pagetop

レーザー治療

レーザー機器は万能ではありませんが、通常麻酔を必要とする切開などの処置を、麻酔なしで行うことができる場合があり、安全性も高く、術後の治癒も早いため多用しています。

pagetop

シェイプインテグレーション(R)

補綴物は一般に審美性を考慮して製作されますが、より高いレベルでかたち・色を求めていく治療行程とこれに関する考え方をシェイプインテグレーションと呼んで実施しております。

BeforeAfter

pagetop

accessへ

患者様の声へ

症例紹介へ

NEWSへ

Q&Aへ

予防医学へ