口腔外科

インプラント/親知らずの抜歯/あご関節症

インプラント

歯の欠損したあと、歯根の機能を代用させる目的で顎骨に埋め込む人工構造物ですが、これがどうしても必要であると同時にベストであると考えられ、またあくまで患者様がそれを希望する場合にのみ選択肢の中に組み入れます。一旦、治療法の選択肢に挙げられた場合でも結局採用を見送ることは少なくありません。いかなる場合にも、安易にインプラントを選択することはお薦めできません。
当院では、国内でのシェアが高く、術後の痛みが少ないという特徴を持つと言われるAQBインプラントシステムを採用しています。当院では、当システムの臨床認定医が常駐しておりますが、症例によっては指導医に出張を依頼してオペを行います。

インプラント

インプラントとは、歯を抜いた後にその失った歯を補うための治療法です。
失った歯の修復法として、従来は人工クラウンやブリッジ、取り外し式の部分的な入れ歯、総入れ歯などが利用されてきました。
しかし、こうした代用物には、隣の健康な歯を削らなければならない、上手く咬めない、おいしく食べられないといった問題がありました。
インプラントなら、健康な歯を削らずに、天然の歯とほとんど同じ感覚で咬むことができます。

手順としては、次のとおりです。
まずは、失った歯の個所に人工の歯根を埋め込みます。
しばらくするとこの人工の歯根はあごの骨と結合しますが、その人工の歯根の上にセラミック製の歯を被せることで失った歯を審美的、機能的に回復させます。
インプラントは、チタン製です。チタンは人の体ととても高い親和性を持っていますので金属アレルギーの方でも安心して治療を受けられます。

インプラントと従来の治療法の違い

  インプラント ブリッジ 入れ歯
特徴 人工歯根を骨に埋め込み、その上に歯を被せる方法。 失った歯の両側の歯を削り、人工の歯をつなげることによって失った歯を補う方法。 失った歯の周囲の歯に金属のバネをつけて、取り外し式の入れ歯で補う方法。
治療可能な範囲 1本から全ての歯を失った場合 1本から複数の歯を失った場合 1本から全ての歯を失った場合
長所 周囲の歯に負担をかけない
歯を失った部分のあごの骨がやせない
自分の歯のようにしっかり咬める
材質によっては保険の対象となる 材質によっては保険の対象となる
短所 保険の対象外である
簡単な手術が必要となる
周囲の健康な歯を削る必要がある
清掃性が悪くなる
周囲の歯にバネをかけるため、健康な歯に大きな負担がかかる
食事のときに咬みづらい
異物感がある
審美性 ほぼ天然の歯のような見た目 セラミックであれば天然の歯のような見た目 留め金が見えることもある
あごの骨がやせて口元に皺がよりやすい
治療期間 4ヵ月から1年くらい 3週間~2ヵ月前後 1~2ヵ月前後で作成装着
費用 ¥367,500~/本 自由診療の場合
¥472,500~
 

インプラント治療の流れ

インプラントは局所麻酔をしてから埋め込みますので、ほとんど痛みは感じません。
インプラント手術の処置時間は約30分~120分位です。
インプラントを埋め込む手術の方法は、インプラントの種類により一回法と二回法とあります。

一回法インプラントの埋め込みの流れ
インプラント手術
局所麻酔を行い歯肉を切開してから歯槽骨に穴をあけ、そこに人工歯根を挿入します。
埋入時に、歯肉を貫通して頭出しをしておきます。 処置時間は約30~120分位です。

結合期間
インプラントと骨が結合するのを待ちます。
2、3ヵ月間必要です。

歯の装着
歯肉が治ってから、上部構造を取り付けます。このときに歯肉を切開する必要がなく、手術は最初の一回のみをカウントするので、一回法と呼ばれています。
二回法インプラントの埋め込みの流れ
インプラント手術
局所麻酔を行い歯肉を切開してから歯槽骨に穴をあけ、そこに人工歯根を挿入します。
その上に歯肉を被せて縫合します。
処置時間は約30~120分位です。

結合期間
インプラントと骨が結合するのを待ちます。
2、3ヵ月間必要です。

インプラント手術
数ヵ月後、再び局所麻酔を行い歯肉を切開してアバットメントを取り付けます。
 

歯の装着
さらにその傷が完全に癒えてから最終的な人工の歯を被せます。
このように歯肉を二回切開する必要があるため、二回法と呼ばれています。

インプラントについて詳しく知りたいかたは日本インプラントセンターのサイトへ

pagetop

accessへ

患者様の声へ

症例紹介へ

NEWSへ

Q&Aへ

予防医学へ